« 東成区 「金久右衛門」 三回目 | トップページ | 北区 豊崎 「本格手打たけうちうどん店」 »

中央区 カレーショップ「辛来飯」

「魔女のやってるカレー屋にいこうか?」

そんなお誘いを先輩から受けましてね、
今回は中央区安土町にあるカレーショップ「辛来飯」
に行って来てん。

P1010336

なんでもコテコテの大阪のおばちゃんが
切り盛りしてるらしい。
カレールーが大鍋でずっと混ぜられてて
まるで魔女がグツグツと秘薬を煮込んでるみたいやねんて。
めっちゃ気になるやないですか。

ちなみに読み方は「カーライス」って読むねんて。
ずっと「からいはん」やと思ってたわ。

お店自体が若干老朽化した感のある
ビルの地下にあって、確かに魔女がいてそうな感じ。
(めっちゃ失礼?)

P1010340

さて店にはいるとすでに客でいっぱい。
コの字型になったカウンターには14,5人座れるかな。
後小さいテーブルが一つあったわ。

まず店にはいるとおばちゃんから
「扉しめてや!」といういきなりの先制攻撃。
今回言い方は優しかったんやけど
忙しい時は「扉!」って怒鳴られることもあるんやって。

最初テーブルに案内されてんけどほんまに狭いので
カウンターが空いたので移動させてもらった。

メニューは手書きで壁にはってるんやけど
色々ありますな。

P1010337

ハンバーグやウインナーという定番も置いてあるわ。
今回私が注文したのは「ウインナー、チキンカレー」900円

かなりのボリュームって聞いてたから
大盛りはやめといてん。

ちなみにここはおばちゃんの言う事を
みんなが聞くシステムになってて、
「はい、水!」って言われたら水を取りに行って、
注文も聞いてくれるまでとりあえず黙っとくねん。
まるで牢名主のようなおばちゃんやったわ。

またカウンターの中をみると
確かに大きい鍋でカレールーが煮込まれてるんやけど
おばちゃんが混ぜてるんじゃなくって機械で混ぜてたわ。
先輩はこれの事を言ってたんやね。

P1010338

さて、でてきました。
出す前におばちゃんからルーの辛さを聞かれるので
「甘口」にしといた。

P1010339

めちゃくちゃ長いウインナーが串に刺さって2本。
チューリップとか言われる鳥の足が6個くらい。
具がかなり多いなー。
特にこのウインナー見た目がすごいね。

腹も減ってたので早速食べます。

ウインナーは揚げられてるんやね。
ちょっと固い目やけど、しっかり味はついてて美味い。
チューリップもちゃんと揚げられてるけどジューシーやわ。
ルーの味だけじゃなくってしたそれぞれが味がしっかりついてるから
これだけで飯食える感じやなー。

ルーのほうは甘口を頼んだんやけど
私はちょっと辛いくらいかな。
汗がとめどなく流れてまいります・・・
でも辛いだけじゃなくってちゃんとコクがあるので
どんどん食べてまうねんな。
ちなみにここは御飯が多い目なので
ルーがなくなったら追加で入れてくれはるねん。

こういうのって嬉しいよなー。

汗だくなりながらも無事完食。
後引く辛さって感じやけど美味いっす。

おばちゃんのパワーに圧倒されるけど
なかなか面白い店やし、味もよかったわ。
満腹、満足、ご馳走さまでございました。

今度「生卵ある?」って聞いてみたいけど怒られるかな???

ランキング参加中です。
目指せ1位で頑張ってますので
よろしければポチッとお願いします!

にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ
にほんブログ村

|

« 東成区 「金久右衛門」 三回目 | トップページ | 北区 豊崎 「本格手打たけうちうどん店」 »

カレー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169121/30754079

この記事へのトラックバック一覧です: 中央区 カレーショップ「辛来飯」:

« 東成区 「金久右衛門」 三回目 | トップページ | 北区 豊崎 「本格手打たけうちうどん店」 »