« 住之江区緑木 「味冨久」 | トップページ | 東大阪 長瀬 お好み焼き 「てらまえ」 二回目 »

中央区淡路町1丁目 Cucina Italiana Osteria 「Buon Grande」

今日は先輩が会社近くにいてはったので
一緒にランチに行って来てん。

近くのビジネスホテルの一階にあるイタリア料理店で
名前はCucina Italiana Osteria 「Buon Grande」ってお店。
こだわり野菜の「やなもり農園」の野菜を使用するなど
結構味にはこだわってるんやけど、
値段がお手頃なのでちょくちょく通ってる店やねん。
P1010354

ランチは2種類あって
1000円のパスタランチと2300円のがあるねんな。
P1010353

2300円のは魚介と肉が味わえて
なかなかええ感じなんやけど、
しがないサラリーマンとしては1000円のランチで十分。

12時半くらいやったので
ちょうど1席空いてて待つことなく座れたわ。

店内は両側にテーブルが並べられてて
全部で10卓以上あったかな。
P1010349

店外にも2,3卓あるので涼しくなると外で食べるんもいいかもな。

さて今回私の頼んだのはこちら。

まずはantipasto
P1010350

越後もち豚モモ肉の ヴァブール トンナートソースと
ズッキーニ・エリンギ茸のマリネ

何やらえらい長い名前やけど
サラダに炒めたズッキーニ・エリンギ、
豚のモモ肉の湯掻いたのがついてきた。
これにかかってるソースが結構美美味しかったな。
野菜も甘みたっぷりであんまり普段食べへんけど
これはもっと食べたいと思ったで!

お代わり自由のパンも一緒についてきてんけど
これもなかなかモチモチしてて旨いな。
できる事ならバターが欲しいっす。
P1010351

pasta
色んな野菜とバジリコのオリーブオイルソース
P1010352

二種類あって選べたんやけど
オリーブオイルソースが食べたくってこちらをチョイス。
ほんまにたっぷりの野菜がのってるで。
細かく切られてるんやけど歯ごたえあってシャキシャキ感がええな。
パスタもモチモチしてて湯がき加減がええんやろうね。
肉が入ってないのが残念やけど、これも美味いっす。
はいってた具材は、タケノコ、なすび、ニンジン、キノコ系やったかなー。

dolce+cafe
オレンジのシフォンケーキとアイスコーヒー。
(写真撮り忘れてもうた・・・)

オレンジの風味がかなりあって美味しかったわ。
アイスコーヒーも頼んだんやけど
それほど甘すぎずにコーヒーにもあってたで。

なかなか美味しゅうございました。
先輩も喜んでくれてはったみたいやし、
ここは外れが今の所ないなー。
一度夜に嫁さんと来てもいいかなと思わせるお店やで。

満腹、満足御馳走さまでした。

住所:大阪市中央区淡路町1-4-8 ホテルマイステイズイン堺筋本町1F
TEL:06-6222-1991
営業時間:モーニング7:00~10:00(L.O.9:30)
         ランチ11:30~(L.O.14:00)
         ディナー17:30~(L.O.22:00) 

グルメブログ参加中です!
目指せ1位で頑張りますので、ポチッとクリックお願いしますー。

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村

|

« 住之江区緑木 「味冨久」 | トップページ | 東大阪 長瀬 お好み焼き 「てらまえ」 二回目 »

洋食系(イタ飯、フレンチ・・・)」カテゴリの記事

コメント

おおっantipastoが付いて¥1000はコスパ高いですねー。
梅田やったら¥1000では、ええとこサラダ+スープ+パンですよ。

>一度夜に嫁さんと来てもいいかなと思わせるお店やで。

おやぶんさんはほんま家族思いでええだんなさんですね♪

投稿: chihi | 2009年9月16日 (水) 20時47分

chihiさん

 こんばんは!
 そうですねー、ここは中々ええ店やと思います!値段も安いですよね!

 嫁さんには普段世話をかけてるので
 こういうところにでも連れてきてあげたいんですよ。
 

投稿: おやぶん | 2009年9月17日 (木) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169121/31391343

この記事へのトラックバック一覧です: 中央区淡路町1丁目 Cucina Italiana Osteria 「Buon Grande」:

« 住之江区緑木 「味冨久」 | トップページ | 東大阪 長瀬 お好み焼き 「てらまえ」 二回目 »