« 中央区平野町 「蝸牛庵」 | トップページ | 東大阪市長堂 「浜富寿司」 »

中央区道修町 「30BAN」

グルメランキング参加中です!
ポチッと応援よろしくお願いしますー。

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村

-------------------------

この日は肥後橋の客先に行ってて
運動がてら北浜まで歩いて帰社してんな。
ちょうど昼飯時やったからどっかで飯食べて帰ろうかと
ふらふら探してたらこんなお店を見つけてん。

お店の名前は「30BAN」。
Img_6270

中華料理屋みたいで、坦々麺が美味しいのかな。
日替わりランチが入口に張っててんけど
マーボー丼とラーメンで800円。
Img_6269

写真のラーメンを見ると普通の醤油ではなくって
透明度から豚骨っぽい感じやってんな。
中華料理屋でこれはなかなかないし、
美味しいかもなんて思ってはいっちゃいました。

時間は11時半くらい。
お客さんは一人の年配の男性一人やった。
Img_6273

ホールは年配の女性なんやけど、
なんかぱっとしない感じやな。
メニューを聞くのもなんかだれた感じがするで。

さてランチはほかにもいろいろあるけど、
今回は日替わりランチを注文。
Img_6271
Img_6272

本を読みながら待ってると出てきました。

まずはらーめん。
Img_6274

純粋な醤油らーめんではなくって
豚骨醤油ラーメンかな。
小ぶりのチャーシューが3枚と
もやしが上にのってます。
スープを一口飲んでみるとまあ普通に美味しいかな。
きっちり出汁からとりましたって感じではないね。

麺は細麺のストレートなんやけど
これはあんまりいけてないな。
Img_6275

箸で摘まむとだまになってる部分があって、
ちゃんとほぐしてくれてないんちゃうかな。
なんで食べる側がほぐしながら食べなあかんねやろう・・・

疑問に思いながら食べてると
マーボ丼が出てきました。
Img_6276_2

見た目はなかなかええんちゃうの。
ふわぁっと山椒の匂いも漂ってきて食欲を誘うで。
レンゲですくってみるとトロミも適度についててええ感じ。
これは期待できそうですなー。

で、一口食べてみる。

あれ?

味ちゃんとついてる?

食べた瞬間はちょっとした辛みと山椒の風味が
口に広がるんやけど、そのあとにマーボー豆腐の
甘みとかなにも感じへんで。
どういうことやろうか?
私の味覚がおかしくなってもうたんやろうか。

不安になってラーメンのスープを
飲んでみるとちゃんと味がする。
ということは私の味覚がおかしいってことはないよな。
何度食べてみても味がないねん。
これはあかんのちゃう?
仕方ないので醤油を上からかけて食べました。

マーボ丼に醤油をかけて食べるという
初めての体験ができたけど、
こんな味付けのマーボ丼ってどうなんやろうか。

他の人はあんまり日替わりを頼んでる人がいなくって
坦々麺が多かったかな。
できることなら隣に座ってる人が食べてたら
聞いてみたかったで。

もったいないから全部食べて
お腹は膨れましたが、
非常に残念なお店でした・・・

TEL:06-6231-5747
住所:大阪府大阪市中央区道修町3-1-14

|

« 中央区平野町 「蝸牛庵」 | トップページ | 東大阪市長堂 「浜富寿司」 »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

あはっ。
地雷、どかーんでしたね。
味が無いマーボ丼、だまになったラーメン。
駄目駄目ですね。

投稿: プレグル | 2009年11月 7日 (土) 03時49分

辛い系メニューを頼むと、chihiもたま~~に遭遇します!「ただ辛いだけで味がない料理」(|||▽||| )
ここ、絶対坦々麺も美味しくないと思うんだけどなぁ。

投稿: chihi | 2009年11月 7日 (土) 13時41分

プレグルさん

 こんばんは。
 ほんまにここはやっちゃいました。
 ラーメンはまだ我慢できたけど
 マーボ丼は全然ですよ。
 
chihiさん

 こんばんは。
 そうそう、辛いだけで味の無い料理。
 ここは辛いってのも風味だけで
 それほど感じなかったです。
 いつもそんなんなんかなー。
 

投稿: おやぶん | 2009年11月 7日 (土) 20時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169121/32107788

この記事へのトラックバック一覧です: 中央区道修町 「30BAN」:

« 中央区平野町 「蝸牛庵」 | トップページ | 東大阪市長堂 「浜富寿司」 »