« 中央区道頓堀 「焼肉ホルモン 空」 | トップページ | 堺市中区土塔町 「純手打ちうどん どとう ぜにや」 »

伏見区深草西浦町 「中華そば 萬福」

この日は所用で京都に行くことになっててん。

それで久々の京都で何かランチを食べようと
ナビで探すことにしてんな。
今回の場所は伏見区方面。
時間があんまりなかったので
手っ取り早くラーメンでも食べようと車を走らせます。

ナビに表示されるお店の中で興味を惹く店名を一軒見つけてん。

店の名前は「中華そば 萬福」
Img_7876
Img_7875

まんぷくって良いネーミングじゃないですか。
こうやって見つけたのも何かの縁とこちらに伺うことに。

時間は1時ちょっと前やったかな。
先客は2組いてはったわ。

お店はカウンター10席くらい。
奥にはテーブル席があるみたいやけど
解放されてなかったわ。
男性2人で営業をされてたけどよく似てたから親子かな。
Img_7869

席に座ってメニューを見てみます。
Img_7864
Img_7866

シンプルに醤油ラーメン、味噌ラーメンのみ。
トッピングでチャーシュー、ネギ、メンマを追加できる。
セットは餃子か焼き豚が選べるみたいやったで。

今回注文したのは
醤油ラーメン(並)+チャーシュートッピング+ライス(並)

さてさてどんなのが出てくるんやろうなー。
待ってる間に周りを見てみると
芸能人の写真がたくさんあったわ。
Img_7867
結構有名店なんやろうか。
若いころの幸田くみさんの写真もあったで。

カウンターには辛味噌やニンニクがおいてあって
自由に入れることができるわ。
Img_7870
ニンニクいれたいけど昼間からは難しいよな。

さて料理が出てきました。

まずはライス並。
Img_7871

これで並みなんやね。
かなり量がおおいなー。
漬けもんをライスに乗せて出してくれはったわ。
ライスはふっくらして美味しかった。

続けて醤油ラーメン+チャーシュートッピング
Img_7872

かなりの量のチャーシューとネギやな。
麺が全く見えへん状態で出てきたわ。
高井田系とはまた違うタイプで、
昔ながらの正統派中華そばって感じかな。

チャーシューは脂身と赤身が半々くらいやな。
Img_7874
私的にはもうちょっと赤身が多いほうが好きかな。
味はしっかりつけられててこれで御飯がすすむで!
ネギも苦くないしええアクセントになってくれてる。

麺のほうは中麺のストレート。
Img_7873
コシはそれほどなかったけど
モチモチしててこの醤油スープによくあうわ。

あっという間に完食です。
スープが結構濃いめやったので
もうちょっと薄くてもいいかなって思ったけど
これはこれで美味いなー。

食べ終わった後にちょっと店長さんと
話をしたんやけど、開店して30年やって。
こちらのスープは豚骨から綺麗に出汁をとって
ドロドロにしてないらしい。
そう言われてみると豚骨の風味もあった気がしたな。

芸能人もよく来られるらしくって
この前とんねるずのTV番組で食わず嫌い王で
取り上げられたこともあるって事やったわ。

たまたま見つけて入ったお店やけど
店長さんも面白かったし、
ええ出会いができました。

満腹、満足、御馳走様でした!

TEL:075-643-9049
住所:京都府京都市伏見区深草西浦町2-90 コーポ西浦 1F
営業時間:11:00~21:30

グルメランキング参加中です!
よろしければポチッとお願いしますー。

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村

ラーメン 萬福 本店 (ラーメン / くいな橋、深草、藤森)
★★★★ 4.0

|

« 中央区道頓堀 「焼肉ホルモン 空」 | トップページ | 堺市中区土塔町 「純手打ちうどん どとう ぜにや」 »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169121/33703721

この記事へのトラックバック一覧です: 伏見区深草西浦町 「中華そば 萬福」:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/03/10 08:50) [ケノーベル エージェント]
京都市伏見区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年3月10日 (水) 08時50分

« 中央区道頓堀 「焼肉ホルモン 空」 | トップページ | 堺市中区土塔町 「純手打ちうどん どとう ぜにや」 »