« 岡山市表町 「だてそば」 | トップページ | 東大阪市長堂 「らぁめん たむら」 五回目 »

岡山市北区本町 「麺屋ブーブーモンスター 」

岡山日帰りドライブで、昼飯に「だてそば」で
支那そばを食べたんやけど、かなりのあっさりで正直消化不良。
他にもないのかと探した結果、
面白そうな名前のお店があったのでこちらにも行ってみることに。

お店の名前は「麺屋ブーブーモンスター 」
Img_2631 Img_2633
えらいネーミングセンスしてはるな。
どんなん食べさせてくれるのか楽しみやで。

ここは岡山駅からほど近くってかなり交通の便は良いところやな。
隣はココ壱番屋があったり、飲食屋が並んでる通りやったわ。

13時過ぎに訪問をしたんやけど店内は満席。
想像以上に人気のお店みたいやなー。
外には個性的な顔の店長さんのイラストが書かれた看板がある。
ちょっと強面やけど優しかったらええのになー。
ついでにメニューを見てみると、
豚骨ラーメン、まぜめん、つけ麺とそろってる。
Img_2634
トッピングにベビースターを入れたりとかできるみたいやで。

10分以上待って店内へ。
ここはカウンターのみで10席程度かな。
看板の絵と違う店員さんが一人で営業してはったわ。
女性のようやってんけど、
このキャパを一人で回すのは大変ちゃうかなー。

とりあえずカウンターに座ります。
すると店員さんが、麺の茹でを含めて非常に時間がかかる旨を
説明してきはった。
別に急いでるわけちゃうので全然構わないっすよー。

とりあえずまぜめん+脂増し+にんにくちょい入りで注文。

壁に写真があって見た限りは二郎系とかそっち系統っぽいかな。
10分ほど待つと料理がでてきました。
Img_2635

想像したよりはボリュームはあれへんなー。
天かすが上にかかってるのはちょっと珍しいかも。
具材はチャーシュー、キャベツ、もやし、刻みのり、ネギ+若干ニンニク。
チャーシューはそれほど厚切りじゃなくって食べやすい感じやな。
麺は太麺で、ワシワシと食べるタイプのようやで。

全体を混ぜてから食べ始めます。
醤油ベースのつけダレなんやけど、
ちょっとピリ辛風味やな。
食べていくと汗がでてきそうになるわー。
ニンニクは少なめにしたこともあって、
それほど風味がわからへんかったな。
それよりもピリ辛が結構勝ってる。

麺についてはタレとの相性はまあまあやな。
Img_2637
コシも結構あって腹にたまるわ。
腹が減ってる時には結構いい感じかも。
もうちょっとプリッとした感があるということないな。

具材は特別なのってあんまりなくっていたって普通。
チャーシューはもうちょいごついほうがええな。
Img_2636
キャベツはもうちょっと甘い目やと嬉しいなー。

あっという間に完食です。

岡山でもこういうまぜそばが食べられるんやねー。
特筆すべきところはないけど、
普通に食べられるまぜそばやったと思います。
あとは店員さんを一人増やすなりして
オペレーションを向上されると良いかなー。

ご馳走様でした。

TEL:086-223-4884
住所:岡山県岡山市北区本町1-14
営業時間:18:00~翌3:00
     [土・日・祝]11:00~15:00

関西グルメランキング参加中です!
ポチッとワンクリックお願いしますー。

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村

麺屋ブーブーモンスター ラーメン / 岡山駅前駅岡山駅西川緑道公園駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0

|

« 岡山市表町 「だてそば」 | トップページ | 東大阪市長堂 「らぁめん たむら」 五回目 »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

ハズレツアーや(笑)

投稿: かなラー | 2010年11月11日 (木) 08時36分

かなラーさん

 「かなラーめ!」って書いていいですか???

投稿: おやぶん | 2010年11月12日 (金) 00時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169121/37602063

この記事へのトラックバック一覧です: 岡山市北区本町 「麺屋ブーブーモンスター 」:

» 麺屋ブーブーモンスター [LOVE JIROの豚増し日記]
◎まぜそば特盛¥850+野菜増し×2倍¥100(にんにく、脂マシ、ラー油) 時刻は26:00 明日、明後日と休みなので 岡山市北区本町の「麺屋ブーブーモンスター」へ 深 ... [続きを読む]

受信: 2011年1月14日 (金) 13時29分

« 岡山市表町 「だてそば」 | トップページ | 東大阪市長堂 「らぁめん たむら」 五回目 »