« 東住吉区杭全6 「麺屋 満福花子」七回目 | トップページ | 羽曳野市西浦1 「長浜ラーメン ごん太」 »

中央区安土町1 「明治亭」

この日は運動がてら谷町四丁目のお客さんのところへ
歩いて向かっててんけどちょうど昼飯時やったので
近辺で食事できるところを探しててん。

そしたら安そうな値段の看板を
見つけたので訪問することにしてんな。

お店の名前は「明治亭」
Img_1562 Img_1563
かつ丼とカレーライスのお店みたい。
ビルのなかに入った1階にあるんやけど
入口のところに日替わりワンコインってことで
500円でとりからカレー、おろし上かつ丼が
提供されるって書いてる。
これはかなりお得ちゃいますかねー。

吸い込まれるようにビルに入ってみると
左手に目的のお店がありました。
入口前にはメニュー表がおかれたんやけど
かつ丼、カレーライスの種類は豊富ですな。
Img_1569 Img_1567

店内にはいると落ち着いた照明のお店やで。
男女2名で営業をしてはるわ。
こちらはカウンターのみで、
U字のカウンターと、壁にもカウンター席があったかな。
サラリーマン率が非常に高くって
店員だけが女性って状態やったわ。

「とりからカレー大盛り+生玉子」を注文。
大盛りは150円、生玉子は12時までに入ると無料やけど
それ以降は50円とのことやったで。
さすがに全部入れて500円ってのはないわなー。

数分待ってると出てきました。
Img_1565
おーなかなかのボリュームですなー。
ええ感じの大きさの唐揚げが4つ入ってるし
ややとろみのあるカレールーも美味そうやね。
生玉子は別皿で提供してくれはったで。

生玉子は混ぜずにカレーの上に投入。
Img_1566
徐々に混ぜつつ食べていきます。

一口食べると辛さは全然感じへんな。
私の好きな「トクマサ」のカレーを
ちょっと弱くした感じ。
最初は甘く感じて徐々に辛みが
でてくるところはよく似てるなって思った。

生玉子は私の中でカレーに必須なんやけど
これを入れることでさらにマイルドになって
辛いの苦手な私にはええ感じやったわ。
急いでる時なんかは冷ます役にも立つし玉子は必須やなー。

具材の鶏から揚げは衣は薄いし、
味付け具合がええ塩梅。
身もしっかりとジューシーに揚げられてて
このトッピングは嬉しかったな。

真っ赤な福神漬け、紅ショウガ、ソースなどが
テーブルの上に置かれてて、私は福神漬をいただきます。
Img_1564_2
体に悪そうなこの色が懐かしい感じやわ。

あっという間に完食です。
いやー、コスパはかなりいいお店やと思うな。
大盛りにせんと12時前に入ったら
500円で玉子付きで食べられるからね。
これは給料日前の懐事情が厳しい時には役立つお店やと思うで。

ちょっと気になったのはテーブルが
きちんと拭けてなくって濡れてたりしてたところかな。
座って腕をテーブルにのせたら濡れてもうた。
隣を見たらそちらも濡れてるところがあってんな。
こういうところはきっちりとしたほうがええと思ったわ。

まあそういうのを気にせずにさくっと食べて
さくっと帰るってのにはええ店やと思うで。
次はかつ丼をいただきにまいりますー。

ご馳走様でした!

TEL:06-6268-8177
住所:大阪府大阪市中央区安土町1丁目4-5-108 大阪屋本町ビル1F

私以外にも食べ歩きされてる方はたくさんいてますな。
よかったら覗いてみませんか???

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村

明治亭 かつ丼・かつ重 / 堺筋本町駅谷町四丁目駅本町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

|

« 東住吉区杭全6 「麺屋 満福花子」七回目 | トップページ | 羽曳野市西浦1 「長浜ラーメン ごん太」 »

カレー」カテゴリの記事

コメント

ここのおっちゃんとおばちゃん、
よく口喧嘩してるんですよ。笑。
私はめったに行きませんが。汗。

投稿: ディオ | 2011年4月 7日 (木) 08時39分

ディオさん
 店長のほうが女性に
 かなりえらそうに話してましたが、
 口げんかもするんですかー。
 飯食べてるときは辞めてほしいですね!

投稿: おやぶん | 2011年4月 7日 (木) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169121/39502135

この記事へのトラックバック一覧です: 中央区安土町1 「明治亭」:

« 東住吉区杭全6 「麺屋 満福花子」七回目 | トップページ | 羽曳野市西浦1 「長浜ラーメン ごん太」 »