« 東大阪市御厨栄町 「らーめん兆」 | トップページ | 八尾市南亀井町3 「かすうどん えびす」 »

生野区生野西2 「角ふじ麺 ○寅」 六回目

mixiのコミュニティ200人突破記念ということで
限定の油そばをやるとの情報を得たので
こちらのお店に訪問してきてん。

お店の名前は「まるとら 本店」
Img_3104
寺田町にあって何回も訪問してるお店。
店長が器用な方でいろんな限定ラーメンを
食べさせてくれる面白いお店やねんな。

オープンと同時くらいにお店に入ってまずは
券売機にて800円の限定の食券を購入します。
Img_3105
今回の限定は
「らーめん田村インスパイア キム玉(汁なし)」との事。

火曜日から20日間の提供とのことやで。
たむらでは何度か食べてるけど辛いけど癖になるキム玉を
店長がどういう風に造りはるのか楽しみやないっすか!

カウンターに座って料理が出てくるのを待ちます。
と、店長からこちらのお店が6月2日にオープンするとの
情報提供がありました。
Img_3113
「麺処 維新」

以前美味しい中華料理を食べさせて
もらったことのある方が店長をされるらしい。
心斎橋と場所もいいし、こちらも行ってみないとあきませんなー。

話しながら待ってると出てきました。
Img_3109
おー、かなりたっぷりの一味がかかった
辛そうな油そばですなー。
たむらは上にのってるが生卵やけど、
こちらは温泉卵なんやね。

全体を混ぜつついただいていきます。

まずは麺を一口。
Img_3112
中太麺なんやけどしっかりと冷水で締められててコシのある麺やわ。
タレとよく絡んで喉越しよくいただくことができるで。
ただタレが飛びそうで美味いからって焦って食べるとやばいなー。

具材は角切りチャーシュー、キムチ、ざく切りのネギ。
角切りチャーシューは脂身、赤身のバランス良くて
美味しくいただくことができるわ。
Img_3111
キムチは甘み、酸味もありつつで
めっちゃ辛いってことがないので食べやすいな。
温泉卵も全体に混ぜられてるのでまろやかな味が広がってる。

全体的に感じるのは見た目から比べると
辛くなくって食べやすい味付けやわ。
がっつり辛いのが食べたいって人はちょっと拍子抜けするかも。
これは元々のタレの味なんやろうかね。
私的には適度な辛さで美味しくいただくことができたわ。

あっという間に完食です。
美味かったという話を店長としてたら
偶然隣に来られたのがヒロの今日の一杯ッ !!のひろさん。

色々話をさせていただいてんけど
同い年ってこともわかってめっちゃ嬉しかったわ!
こうやってブログを始めることによって
普段知り合わへん人と知り合えるってのがほんまに嬉しいなー。
このきっかけをくれたのもこちらのお店やし感謝です!

満腹、満足、ご馳走様でした。

TEL:06-6718-1818
住所:大阪府大阪市生野区生野西2-1-37
営業時間:11:00~15:00
     18:00~23:00

|

« 東大阪市御厨栄町 「らーめん兆」 | トップページ | 八尾市南亀井町3 「かすうどん えびす」 »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

昨日はありがとうございます^^

まるとらさんでは本当にいろいろな出会いがあって本当にうれしいかぎりです。
「一期一会」という言葉がピッタリですね♪

また潜水艦BARみたいなおもしろいお店教えてくださいね(^^)

投稿: ひろ | 2011年5月27日 (金) 00時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169121/40146148

この記事へのトラックバック一覧です: 生野区生野西2 「角ふじ麺 ○寅」 六回目:

» まるとら本店⑭☆寺田町 [ひろの今日の一杯ッ!!]
今日はとある新店の情報を小川店主に確認するために まるとら本店 に行ってきました入ってすぐの券売機を見上げると・・・ら~めん田村インスパイア系!?インスパイアと言えば「尊敬する作品に触発されて、同じテーマに基づいて作品を創作する」という二郎インスパイアでもおなじみの言葉ですがということはおーーーーーっつらぁめんたむらさんの代表作燃える男のキム玉そばがここ寺田町で食べられるんですねさっそく限定ボタンを押してカウンターに向かうと小川店主の前に座られていた方は何と!!日々これ満腹♪でおなじみのおやぶんさん... [続きを読む]

受信: 2011年5月27日 (金) 00時16分

« 東大阪市御厨栄町 「らーめん兆」 | トップページ | 八尾市南亀井町3 「かすうどん えびす」 »