« 東大阪市足代新町8「福助 大阪ホルモン研究所」 限定ランチ♪ | トップページ | 東成区中本5 「大阪東成 にしや」 »

八尾市本町3 「らーめん工房RISE」 九回目

この日はけっこう久々になっちゃったんやけど
実家から近いこちらのお店に訪問してきてん。

お店の名前は「らーめん工房 RISE」
Img_7497
すでに何回訪問してるかわからんお店やな~。
ご家族で営業をされててアットホームな感じも
お気に入りのお店やねんな。

この日訪問したのは19時過ぎやったかな。
先客は2組でテーブル席は満席。
私はカウンターに座らせてもらったで。

さて、メニューを見てみます。
Img_7498 Img_7499
私のここでの一番のお気に入りは「海老醤油」。
ほんまに好きで訪問した時の8割はこれを頼んでるかな。
めっちゃ迷ってんけど、次によく食べてるこちらをいただく事に。
「貝つけ麺 海老塩ベース」量は並にしておいたで。

この日はお母さんはいてはらなくって
親父さんと店長の二人で営業してはったわ。
お互いきちんと分業ができてるのでテキパキと
仕事をしていきはるで。

しばらく待ってると「貝つけ麺並」が出てきました。
Img_7500

おー、なかなかのボリュームやないっすか。
つけ麺には分厚い目のチャーシューが
どーんと1枚のっててこれが目を引きますな。
Img_7501
お気に入りの穂先メンマ、白髪ネギ、水菜もええで。

つけ汁は貝つけ麺のエビ塩ベースという事で
澄んだ色をしてますわ。
Img_7502
ふわぁっと貝の香りが鼻孔をくすぐって食欲をそそります。

早速いただいて行きます。
どぼっと麺をつけ汁につけてすすります。
Img_7504
しっかりとしたコシのある麺は太麺で私の好きなタイプ。
喉越しのよいツルツルとした食感もええと思うな~。

つけ汁は以前食べた時はちょっとしょっぱいかなと
思ってんけど、今回はちょうどええ塩梅。
香りだけじゃなくってきちんとエビの風味も感じられる。
全体的なイメージで言うと和食のお吸い物チックな感じもするわ。
こってりギトギトってのが苦手やとええと思うな。

具材のチャーシューはいつも思うけど
分厚くっていい感じやねけど
もうちょっと赤身が多くてもいいかなって思うわ。
Img_7503
これは人の好みやからなんとも言えないけどね。

麺を食べ終わった後にはスープ割をしてもらえる。
Img_7506
これはさらにさっぱりとしたお吸い物のような
感じになってついつい飲んでしまうねん。
ゴクゴクっと行っちゃいました。

あっという間に完食です。

私が入ってからもカップルさんやらお客さんが
次々と入ってきてて人気やなってのがわかるようやったで。
家から近い事もあるし、
これからもまた訪問させていただきます。

満腹、満足、ご馳走様でした。

TEL:072-997-9003
住所:大阪府八尾市本町3-11-22
営業時間:(平日)11:30~14:00 18:00~22:00
     (日祝)11:30~14:00 18:00~21:00

気づいたら総合ランキングで4位になってました!
1位目指してクリックお願いします~。

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ

|

« 東大阪市足代新町8「福助 大阪ホルモン研究所」 限定ランチ♪ | トップページ | 東成区中本5 「大阪東成 にしや」 »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169121/43570460

この記事へのトラックバック一覧です: 八尾市本町3 「らーめん工房RISE」 九回目:

» らーめん工房RISE Vol.7@八尾まめかちSHOCK食 [昼ごはんも白状するブログ]
僕の名前はマメカッチン。 この日が来たで! 「第1回八尾まめかちSHOCK食」。 いよいよ本日5/18(金)から開催!!! どのお店を回ろうか未だに悩んでるで。 こんなに悩むのは遠足のおやつ以来や・・・。 河内ゴールド 今回僕が紹介するのは、近鉄八尾駅近くにある『らーめん工房RISE』や! 八尾市で本格ラーメンを食べたくなったら真っ先に思い浮かぶお店やで。 今回の「八尾まめかちSHOCK食」で提供されるメニューは「河内ゴールド」! 『らーめん工房RISE』で一番人気の「河内の塩」に丸腸をトッピングし... [続きを読む]

受信: 2012年5月18日 (金) 14時03分

« 東大阪市足代新町8「福助 大阪ホルモン研究所」 限定ランチ♪ | トップページ | 東成区中本5 「大阪東成 にしや」 »