« 北区天神橋5 「麺元素」 | トップページ | 中央区淡路町3 「てげてげ」 »

北区池田町8 「南紀勝浦漁港食品直営店 ほんまや」

「奥田」「ダイワ食堂」「麺元素」といただいた今回の天満立ち飲みツアー。
11時というとこわかはるさんの終電を考えて
もう一軒だけさくっと入ることにしてみてん。

お店の名前は「南紀勝浦漁港食品直営店 ほんまや 」
Img_7673
本来なら「かんちゃん」に行こうと思っててんけど
閉まってたので近くにあったこちらのお店に入ることにしてんな。
結局今回立ち飲みツアーといいながら
奥田の一軒のみやったな・・・

創業明治三十年のお店みたいなんやけど
美味しいマグロを食べさせてくれるみたいで
めちゃくちゃ楽しみやないっすか。
Img_7674

この日訪問したのは22時くらいやったかな。
1時間だけさっくと飲んで帰りますかね~

暖簾をくぐって店内に入ると
思ったよりも広いですな~。
Img_7680
テーブル、座敷併せて60人くらいは入れそうやったな。
入口すぐには鮪の解体ショーをする場所があって
大きい目玉なんかが置かれてたな。
Img_7675

私たち5人はテーブルに案内してもらって
メニューを見てみます。
Img_7678 Img_7682 Img_7677 Img_7676
提供される料理の値段はぼちぼちかな。
立ち飲み価格を見てきてるので
驚くような激安メニューではなかったわ。

とりあえず今回注文したのこちら。
「ひっつけ寿司」

こちらは勝浦の伝統的な家庭料理なんやって。
初めて聞いたんやけどお好みの寿司ネタと
シャリ玉を別々で提供してくれる。
にぎり寿司風にネタを巻いて食べるのがいいとの事。

ここで会長からじゃんけんして右側から出てきたものを
食べるようにしよかというご提案。
面白いやないっすか。
で、みんなでじゃんけんをして順番を決めた頃に
出てきた料理がこちら。
Img_7683

マグロしかありませんが・・・
じゃんけんした意味がありませんでしたな。

味のほうは身がかなり分厚い目なのが嬉しい。
マグロの種類はなにを使われてるのか
わかれへんかったけどちょっとさっぱりしすぎというか
マグロの旨みが少ないかなって思ったわ。

「明太子炙り」
Img_7684
私結構明太子の炙りって好きやねんな。
どんなのが出てくるかなと楽しみに待ってたら
出てきたのがこちら。

表面は焦げ目がつくくらい焼いてあって
中はほぼ生のままですわ。
もうちょっと中も火を通してくれたほうがいいかな~。

「赤身造り?」
Img_7685
私が頼んでいないので名前がわからんかった・・・
ひっつけ寿司と同じ刺身かな~。
どんなけマグロ好きやねんって感じで
マグロずくしになっておりますな。
印象としてもひっつけ寿司と同じっす。

ここではハイボールを呑んだかな。
時間になったのでお勘定をすると大体1人1200円くらい。
あんまり食べてないってのもあって
ここも安く上がりましたな。

あっという間に完食です。

頬身の炙りとか色々あるみたいやったし
ほんまやったらがっつりとマグロを
堪能できそうなお店やったな。
次は一軒目使いで訪問してみたいと思ったで。

ご馳走様でした!

住所 〒530-0033 大阪府大阪市北区池田町8-15
TEL:06-6352-5277
営業時間:月~土 17:00~02:00(L.O.01:00)
     日・祝 16:00~24:00(L.O.23:00)

ランキング1位を目指してます!
一日一回クリックお願いします~。

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ

南紀勝浦漁港食品直営店 ほんまや居酒屋 / 天満駅天神橋筋六丁目駅扇町駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

|

« 北区天神橋5 「麺元素」 | トップページ | 中央区淡路町3 「てげてげ」 »

居酒屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169121/43636132

この記事へのトラックバック一覧です: 北区池田町8 「南紀勝浦漁港食品直営店 ほんまや」:

» 南紀勝浦漁港食品直営店「ほんまや」/天満 [UPチャンの日々食飲遊記]
天満で美味しい生鮪を食べさせる店『まんまや』に行ってきました! 明治三十年創業以来、紀州勝浦漁港でマグロ一筋「四代目 鮪の脇口」の直営店です 場所は、JR天満駅から「ぷ ... [続きを読む]

受信: 2012年10月17日 (水) 23時13分

« 北区天神橋5 「麺元素」 | トップページ | 中央区淡路町3 「てげてげ」 »