« 福島区福島7 「福島 焼野菜 菜の音」 | トップページ | 西区南堀江1  「Sound kitchen qupe」 »

西区南堀江1 「イスタンブール コナック」

この日はバーハヤシのマスターから
あるライブにお誘いをいただいててん。
それが始まる前に時間があったのでチョロっと
飯を食べることにしてんな。

お店の名前は「イスタンブール コナック」
Img_0400
Img_0402
トルコ料理を食べさせてくれるお店という事で
私は初訪問やしめっちゃ楽しみに行ってきたで。
場所は駅で言うと四ツ橋駅が一番近いかな。
この前行かせてもらった「ルジャルダン」も近かったわ。

この日訪問したのは18時半くらいかな。
店の近くにこんな看板があったで
毎週金・土の夜にはベリーダンスのショーをやってるらしい。
Img_0401
これも見てみたかったな~。

店内は現地の装いを表してるみたいで
何やら異国情緒たっぷりの雰囲気やわ。
Img_0422
お客さんは女性客が多かったな。

店員は日本人はいてないようやったな~。
皆さんイケメンでしたわ。

テーブル席に座らせていただいてメニューを見ます。
Img_0403 Img_0404 Img_0405 Img_0406 Img_0408 Img_0409 Img_0410 Img_0411 Img_0414 Img_0415 Img_0416 Img_0417
メニューはほんまに豊富やな~。
これはちょろっと食べるってよりはがっつりと
色々いただいてみたいと思うで。
今回ええ感じやったらまた訪問せなあきませんな!

飲み物はトルコのビールが切れてしまってたので
いきなりやけどトルコの地酒という「ラク」ってのを
いただいてみることに。
Img_0407
最初はロックで出てきて水も別で持ってきてくれた。
面白かったのがこちらは最初透明なんやけど
水が加わると白濁していくねんな。

飲んでみるとアルコール度数が45%以上という事でかなりきついわ~。
味はミントが効いたようなすごく清涼感のある風味。
喉越し自体はとろみがあって喉がカーッとなりますな。
ロックは厳しいので水で割っていただくことにしたで。

「赤レンズ豆のスープ」
Img_0418
赤レンズ豆がお薦めってのを聞いてたので
こちらを注文してみてん。
味はトマトベースのスープのようで
赤レンズ豆はすりつぶされてるねんな。
トマトが好きなら美味しくいただけると思うわ~。

「ドネルケバブ」
Img_0419
これは最近よく屋台で見る肉をそぎ落として
いただくタイプの肉料理やね。
トマトやご飯と混ぜてから別に頼んだ
トルコパンに挟んでいただいてん。
赤身が多くってさっぱりといただける料理ですな~。
適度に脂分が落ちてるみたいやね。

「トルコパン」
Img_0420
こちらはドネルケバブを挟んで食べるように注文してん。
ぱっと見はナンのようやけど
けっこうしっかりとしてて真ん中が空洞になってるねんな。
そこに詰め込んでハンバーガー状態にして食べたで。
Img_0421
ファーストフード感覚で食べられるし
お手頃でいいですな~。

とライブにちょうどいい時間になってきたので
ここでお勘定をしてもらう事に。
お店の雰囲気も料理もなかなかええ感じやったな~。
これはもっといろんな料理をがっつりと食べてみたいと思うな!
色々食べたいし大勢で来てみてもいいかもな~。

満腹、満足、ご馳走様でした。

TEL:06-6534-7277
住所:大阪府大阪市西区南堀江1-11-1 三共四ツ橋ビル B1F
営業時間:【月~金】11:30~15:00 17:30~22:30
     【土・日・祝12:00~15:00 17:30~22:30

私以外にも食べ歩きされてる方はたくさんいてますな。
よかったら覗いてみませんか???

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村

イスタンブール コナックトルコ料理 / 四ツ橋駅西大橋駅心斎橋駅
夜総合点★★★★ 4.0

|

« 福島区福島7 「福島 焼野菜 菜の音」 | トップページ | 西区南堀江1  「Sound kitchen qupe」 »

洋食系(イタ飯、フレンチ・・・)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169121/44742824

この記事へのトラックバック一覧です: 西区南堀江1 「イスタンブール コナック」:

« 福島区福島7 「福島 焼野菜 菜の音」 | トップページ | 西区南堀江1  「Sound kitchen qupe」 »