« 八尾市太田新町7 「オムライス専門店 タンポポ」 | トップページ | 八尾市本町4 「中華そば Hanzen」 五回目 »

京都市中京区聚楽廻東町3 「京都千丸しゃかりき」

この日は食べ歩き友達のやまちゃん
ラーメン店店長と3人で京都方面に
ラーメンツアーに行くことにしてんな。

今まで京都のラーメンはなかなか食べ歩きができてなかったので
昨年からちょくちょく行くようになっててんけど
なかなか奥が深くって毎回楽しめる。
今回も楽しみに訪問してきたで。

まず一軒目に訪問したのはこちらのお店。

「京都千丸しゃかりき」
Img_1360

こちらは前回のツアーの時に訪問した
一乗寺ブギー」の姉妹店やねんな。
ちょうどツイッターでフォローしていただいている
sibumenさんがこの店舗で働かれてるという事もあって
どんなお店か訪問してみることにしたで。

この日訪問したのはちょうど11時くらいかな。
場所は中京区にあるんやけど近くのコインパーキングに
車を止めてこちらには訪問した。

ちょうど開店したので店内に入ると
落ち着いた雰囲気でなかなかええ感じやん。
Img_1364
テーブル1席、カウンターが12席程度やったかな。

ご挨拶をして私たちはカウンターに座らせていただきます。
メニューを見て何を食べるか決めます。
Img_1365
つけそば、汁そばがあるんやけど
何を頼むか迷いますな~。
と、厨房の壁のところを見ると
「つけそば濃厚魚介」のPOPがはってある。
Img_1366
人気No1との事やし今回はこれ+肉増しをいただくことにしたで。

しばらく待ってると料理が運ばれてきました。
Img_1367
おー、たしかに濃厚そうなつけ汁ですな~。
ぱっと見ただけでも具材がたっぷり入ってるのが
わかってこれはテンションが上がりますわ。

何やらネットを見ていると京都でつけ麺を初期の頃から
こちらは提供されてたパイオニア的存在とのこと。
期待できそうやないっすか!

早速いただきます。

ツヤツヤとしてて綺麗な麺は
太麺のストレートですな。
Img_1368
つけ汁にドボッとつけてすすってみると
噛むと適度なコシがあるし、
すすった際の喉越しもツルツルっとしててええ感じやわ。

他の方が頼まれた別のつけ麺を見ると
麺の太さが違うようやったのでこのつけ麺専用に
提供されてるんやろうか。
これは美味いと思いますな~!

つけ汁は一般的に言われるまたおま系ってやつやけど
豚骨と魚介のバランスがすごくよくって
ついつい飲みたくなる感じです。
濃厚という事でギトギトで胸やけしたりせんかなって
ちょっと不安もあってんけどそんなこと全然なかったな。

今回は肉増しにしたこともあるんやけど
具材はほんまにたっぷり入ってる。
Img_1369 Img_1371
チャーシューは薄切りの赤身メインのと
ゴロゴロとした角切りの大きめのチャーシューがたっぷり。
どちらも柔らかいし食べ応えたっぷりやで。

分厚く切られたメンマもシャキシャキしてて
美味しくいただけるし、たっぷり入ったネギも
つけ汁にええアクセントをつけてます。
Img_1372

麺を食べ終わった後にはスープ割を頼むと
厨房から和出汁を追加して再度提供してくれはる。
Img_1373
濃厚やったらつけ汁が和出汁のおかげでさらっとして
飲みやすいスープに変わってこれまた美味い。

あっという間に完食です。

いやー、一軒目からかなりレベルの高い
美味しいつけ麺を食べることができたな~。
他にも魅力的なメニューが揃ってるし
このお店が近場にあったらな~ってほんまに思ったで。

満腹、満足、ご馳走様でした!

TEL:075-813-5198
住所:京都府京都市中京区聚楽廻東町3-9
営業時間:11:00~24:30

私以外にも食べ歩きされてる方はたくさんいてますな。
よかったら覗いてみませんか???

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村

京都千丸しゃかりきつけ麺 / 二条駅二条城前駅
昼総合点★★★★ 4.0

|

« 八尾市太田新町7 「オムライス専門店 タンポポ」 | トップページ | 八尾市本町4 「中華そば Hanzen」 五回目 »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169121/45372469

この記事へのトラックバック一覧です: 京都市中京区聚楽廻東町3 「京都千丸しゃかりき」:

« 八尾市太田新町7 「オムライス専門店 タンポポ」 | トップページ | 八尾市本町4 「中華そば Hanzen」 五回目 »