« 吹田市豊津町9 「鶏豚きっちん 江坂店」 | トップページ | 笠岡市中央町20 「お多津」 »

有田市野696  「和ダイニング 清乃」 四回目

いやー、もうここはほんまに満足をさせていただけるお店やで。
遠いけど車を飛ばしていく価値がほんまにあると思う。

お店の名前は「和ダイニング 清乃」
Img_2418
和歌山県は有田にある食べログでらーめんランキング1位のお店。

この日は大阪の有名店「麺屋 彩々」と
コラボをすると発表されてて
それをいただきに嫁さんと高速を飛ばして訪問してきてん。

合わせて7月1日から開始されてる
「らの道」のポスターも渡す用事があったので
一挙両得と訪問してきてんな~。

この日訪問したのは17時半くらいかな。
店内に入ると2組ほどお客さんがいてはった。
今回は二人やったのでカウンターに座らせていただきます。

外観などは過去の記事を参照ください!
1回目
2回目
3回目

さて、いきなりラーメンをいただくのではなく
こちらは地の魚やいろんな料理を提供してくれはるねん。
毎回何が食べられるかとめっちゃ楽しみやねんけど
今回出してくれはったのがこちら。

「鱧湯引き、オコゼの刺身」
Img_2420
うわぁ、オコゼ丸々一匹をさばいてくれてはるわ。
いきなりめちゃテンションが上がりますな~。

鱧の湯引きは梅肉をつけていただきます。
Img_2421
さっぱりとした身に酸味のあるタレが非常にマッチしてる。
なんか手が止まらずに食べ続けてしまうで~。

オコゼの刺身はこりっとした食感があって新鮮なのが分かります。
どちらかというと鯛のような感じで
淡白な身はポン酢で食べると旨いな!

「クルマエビの刺身」
Img_2422
これめちゃくちゃ大きいクルマエビやってんけど
何で食べますか?と聞いてくれたので
刺身にしてもらうことにしてん。
さっと湯通しをしてくれたようなんやけど
これがもうほんまにぷりぷりで甘みがめっちゃあるねん。
いったいいくらするの?って怖くなるくらいのええエビやったで!

でもって、この向いた頭も揚げてくれて出してくれはった。
Img_2423
味噌がたっぷり詰まってて塩の加減がいいので
これも美味しくいただけたわ~。
殻ごとバリバリとかじってしまったで。

「肉食べますか?」といって続いて出してくれはったんがこちら。

「ヒウチ」
Img_2424
平たく固められた岩塩の上で焼いて食べるねんな。
あぶっていくと肉の脂がでてきて
塩が肉に溶け込んでいく。
Img_2426
生でも行ける肉という事でほんまにさっと炙っていただいてんけど
これがほんまに柔らかくってとろけるような肉やで~。

これだけでご飯が何杯食べられるやろうか。
めちゃくちゃええ肉やと思うで。

「イチボ」
Img_2428
こちらは先ほどのから比べるとサシがかなり入ってます。
しっかりと火を通してからいただいてんけど
こちらの肉も柔らかいし、ヒウチとは違った
濃厚な肉のうまみがこちらにはありますわ。
車じゃなったらビールも飲みたいな~。

さて、ここからがメインのラーメンです。
まずは「鱧と彩々味噌の冷やしすりながし」

どちらも彩々の味噌を使ったラーメンなんやけど
こちらは麺も彩々のものを使用。

すりながしって初めて聞いた名前なので調べてみると
「えび・かに・はも・あじ・枝豆・豆腐などをすりつぶし、
 出汁でのばして、すまし、または味噌仕立てにした汁」とのこと。
なにやらさっぱりといただけそうな感じですな~。

出てきたラーメンがこちら。
Img_2429
レアチャーシュー1枚、煮卵半分、穂先メンマ、鱧の天ぷら
みょうが、オオバの細く刻んだのがたっぷり入ってます。
これはさっぱりといただけそうかも。

さっそくいただきます。
麺はストレートの中細麺やね。
Img_2430
ちゃんと締められててプリッとした食感がいいですな。
さすが彩々の麺やで~。

具材に関してはレアチャーシューが旨いで~。
Img_2432
しっかりとした歯ごたえがあって
肉を食べてる感満載。
これはどのラーメンにも入れてほしい一品です。

鱧の天ぷらはかりっとした揚げ具合。
Img_2431
こも美味しいので1個といわずもっと入れてほしいっす。
(って原価がどんなけかかるねんな・・・)

スープに関してはほんまにさっぱりとした感じやで。
味噌という事で濃厚な味付けを想像しててんけど
さらさらといただける味で
一瞬思ったのが宮崎で食べられる冷汁みたいな感じ。
あっちはもっと具材がたくさん入ってるんやろうけど
最後にご飯を入れて締めたいと思ったな~。
暑い夏なんかほんま毎日でも食べたい感じ。
これは旨いで~!

続いて出てきたのがこちら。
「豚骨魚介の彩々味噌(温)」
Img_2434

先ほどの冷やしとは一転して濃厚そうですな~。

見た感じからスープに粘度が感じられます。
こちらの具材はレアチャーシュー(バラの部位?)二枚、
角切りのメンマ、煮卵半分、ねぎたっぷり。
面白いのは味付けされたミンチと
ゴボウを細かく煮込んだのが入ってるねん。
Img_2435
濃厚な彩々の味噌にあうのは
このゴボウやという事で今回入れたんやって。

このチャーシューは豚の皮もついた部分を購入して
店長がさばいて作ったらしい。
皮は出汁をとれるし一石二鳥という事やったな~。

実際にいただくと豚骨スープがかなり濃厚です。
最初の一口では味噌があまり感じられへんくらい。
さんざんいろいろいただいた後には
ちょっと濃厚すぎるかなってのが最初の印象。
いきなりガツンと食べたいですな。

こちらで使用されてる麺は縮れの中太麺。
Img_2436
こちらもプリッとした食感がええし、
濃厚なスープとの相性もばっちりやで。

具材に関してはこのチャーシューは
結構歯ごたえがあって力を入れて噛み切らなあかん。
Img_2437
スープをたっぷり絡めていただくと旨いっす!

味付けされたミンチとゴボウはさすがに
店長が合うやろうと考えただけあって美味しいわ。
ここから徐々にうまみがスープに溶け込むのと
下のほうに行くと濃厚なとんこつスープやったのが
味噌が表に出てくるようになってきた。
ちょっとくどいかな~って感じたスープが好みの味になったで。

あっという間に完食です。

いやー、今回もほんまに満足させていただきました。

お土産までいろいろといただいちゃって
ほんまに感謝の言葉もありませんわ。
地域に密着して食材を扱われてるのも嬉しいし
大阪から車を飛ばして1時間ちょっと。
こちらのお店はほんまに訪問する価値があると思います!

満腹、満足、ご馳走様でした!

TEL:0737-83-4447
住所:和歌山県有田市野696
営業時間:11:00~14:00、17:00~22:00(L.O.21:30)

私以外にも食べ歩きされてる方はたくさんいてますな。
よかったら覗いてみませんか???

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村

|

« 吹田市豊津町9 「鶏豚きっちん 江坂店」 | トップページ | 笠岡市中央町20 「お多津」 »

ラーメン」カテゴリの記事

居酒屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169121/46209775

この記事へのトラックバック一覧です: 有田市野696  「和ダイニング 清乃」 四回目:

« 吹田市豊津町9 「鶏豚きっちん 江坂店」 | トップページ | 笠岡市中央町20 「お多津」 »