« 松原市天美我堂5 「彩華ラーメン 松原店」 | トップページ | 平野区平野本町1 「鉄板一彩 お好味焼 萩の家」 »

中央区徳井町2 「バビルの塔」

この日はお客さん先からの帰りに
昼飯を食べて会社に戻ることにしてんな。
谷四のあたりを歩いてて前から気になってた
お店があったのでそちらに訪問することに。

お店の名前は「バビルの塔」
Img_0699
この店名は有名な漫画バビル2世のファンかなんかやろうか?
ミクシィの友達などがたくさん訪れてたし
一度訪問してみたかってんな~。

場所は谷町四丁目で本町通りの一本北の筋。
玉に訪問させてもらってる「麺道部」が近くにあります。

この日訪問したらお客さんは2名。
店内はカウンターと2名がけのテーブルが3席。
Img_0705
カウンターにはたくさんの香辛料などが並んでます。
Img_0706 Img_0707

独特な音楽と部屋の雰囲気がインドっぽいと言っていいのかな~。
はまる人にはたまらん空間やと思いますな。

こちらはカレーが2種類提供されてます。
Img_0704
豆カリーと肉カリー。
ご飯も白米とスパイスライスの2種類から選べるみたいやね。
それぞれ毎日メニューは変わってるらしくて
ツイッターやミクシィでその日の具材を発表されてるとの事。

面白かったは「あいがけ、あいめし」ってのが選べるねん。
ちょっとずつ食べてみたいって時には良いですな。

今回は肉カリーが食べたかってんけど
肉が残念ながらなくなってしまったとの事。
ただルーはあるみたいで豆カリーメインで肉カリーのルーを
合わせてくれるという事やったわ。

水とピクルスがセルフサービスになってるので
事前に取っておいて料理を待ちます。

しばらくすると提供されました。
Img_0700
おー、真ん中に綺麗に半分ずつご飯が盛り付けられてますな~。
その周りにはスパイシーな香りが漂う2種類のルーがよそわれてる。
結構さらっとした感じのルーなんやね。
豆カリーにはズッキーニ、レンコン、豆がたっぷりやで。

ちょっと変わった感じのスプーンが置かれてるので
こちらでいただいていきます。
Img_0701

まずは豆カリーから食べてみる。
Img_0702
辛いのが苦手は私はかなりスパイシーで辛さも感じるんやけど
野菜からの甘みも出てるので美味しくいただくことができますな。
白米で食べるのもええけど私的にはスパイスライスがいいかな~。
豆やズッキーニがええアクセントになるし
想像してたよりも全然いけますわ!

続いて肉カリーをいただきます。

こちらは豚肉の角煮と大根ってことやねんけど
角煮がほろほろに崩れてしまってほとんどなくなったそうやねんな。
という事はルーにたっぷり旨みが溶け出してるはずやし
めっちゃ美味いに違いないで~。

実際にいただくと大根にもしっかりと味がしみ込んでるし
肉の旨みも感じられるルーですわ。
ただ豆カリーよりもこちらのほうが辛いかな。
食べてる間に徐々に汗が噴き出してきて
大き目のタオルなしでは厳しい状況です。

途中で辛さにしんどくなってきたので
追加150円でラッシーをいただきます。
Img_0703
ひりひりとした舌に優しい甘みのラッシーで美味しかったっす。

あっという間に完食です。

最初は辛すぎるんじゃないかとビビってたんやけど
全然食べられる辛さやったし
また食べたいなと思わせる味やったで。

帰り際に店長とちょっとお話をさせていただいてんけど
独学でこのカレーを作り上げられてるという事で
これからもまだまだ進化しそうやし
面白いカレーと食べさせてもらえそうで楽しみやと思ったな。

ご馳走様でした!

TEL:090-6234-8264
住所:大阪府大阪市中央区徳井町2-4-5 エクセル内本町ハイツ 1F
営業時間:[月~土]11:30~15:00(売り切れ次第終了)

よかったら覗いてみませんか???

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村

バビルの塔カレー / 谷町四丁目駅堺筋本町駅天満橋駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

|

« 松原市天美我堂5 「彩華ラーメン 松原店」 | トップページ | 平野区平野本町1 「鉄板一彩 お好味焼 萩の家」 »

カレー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169121/47915338

この記事へのトラックバック一覧です: 中央区徳井町2 「バビルの塔」:

« 松原市天美我堂5 「彩華ラーメン 松原店」 | トップページ | 平野区平野本町1 「鉄板一彩 お好味焼 萩の家」 »