« 東淀川区豊新2 「麺亭 なんぷぅ」 | トップページ | 北区天神橋5 「馬骨塩ラーメン 湯梅軒」 »

城東区蒲生4 「二代目ラーメン きはる」

この日は食べ歩き友達のやまちゃんと
またまた新店巡りに行っててんな。
城東区あたりでどっか良いお店がないかなと探して
見つけたお店がこちら。

「二代目ラーメン きはる」
Img_0105
名前からするにどっかに1号店があるんやろうか?
こちらのお店は蒲生四丁目駅から歩いてほんま数分の場所にある。
近くにコインパーキングもあるけど
ここは電車のほうが行きやすいかもな~。

この日訪問したのは20時過ぎかな。
お店には大きい看板があって店名が書いてあるんやけど
漢数字の七が三つで「き」って読むんやね。

入り口には立て看板があって夜の定食ってのが書かれてる。
Img_0106
一品もいろいろありそうやし、
帰り際にちょっと一杯って感じで使えそうやね。

店内に入ると男性2名、女性1名で営業をしてはる。
テーブル席とカウンターで20名くらい入りそうかな~。
Img_0114
私たちはテーブル席に座らせていただいてメニューを見ます。
Img_0108 Img_0109 Img_0110 Img_0111 Img_0112 Img_0113
ラーメンもあるんやけど、こちらは鍋やお酒の種類も多くて
夜は宴会などにも使えるようやね。
鴨鍋のコース2500円ってのは中々安いんちゃうかな。
ラーメンは塩、醤油、味噌と一通りそろってます。
珍しいところでは合鴨ロースの旨煮と
出汁、タレも鴨からとったという鴨そばってのもある。
つけ麺も鴨出汁にできるみたいやね~。

迷ってんけど今回は「味噌ラーメン」をいただくことに。
待ってるとこちらの「自家製豆腐」を出していただけました。
Img_0115
醤油をちょろっと垂らしていただいてんけど
これが大豆の旨みたっぷりでめちゃくちゃ美味しい。
適度な食感もあるしこれ醤油でもいいし塩でも旨いと思うな~。

ちょっと感動してるところにラーメンが提供されました。
Img_0117
おー、優しい色合いのスープですな~。
細切りの人参、ネギが良い色合いになってるで。

さっそくいただいていきます。
Img_0120
まずは麺をずずずっとすすってみる。
こちらは細麺のストレートですな~。
味噌ラーメンには太麺が良いって印象なんやけど
こちらのスープは優しい目なのでこれでも大丈夫やな。

スープは表面に魚粉も浮いた節系の味噌やね。
熱々のラードが浮いた濃厚味噌とは違うんやけど
安心して飲める味わいやと思う。
飲んだ後などにいただくといいかもな~。
この日は酒を飲んでなかったしちょっと物足りない感じがあったかな。

で、テーブルに鰹節やら調味料が設置されてるので
ニンニクをちょっと入れようとしたら
こちらのはおろしにんにくじゃなくってフライドガーリックやねんな。
Img_0116
3切れほどスープに入れてんけど
しばらくするとニンニクの風味が加わって美味しくなったで。

具材については厚切りのチャーシューが2枚。
Img_0118
そのうちの1枚が脂身がほとんどでこれはちょっとしんどかったな~。
これやったら赤身のが1枚だけでよかったかも。

あっという間に完食です。

思ったよりも美味しかったし何より豆腐が旨かった!
こちらはMixiやfacebookなんかで登録したりつぶやくと
この自家製豆腐を無料でサービスしてくれるとの事。
この美味い豆腐がいただけるならそれはありやと思ったな~。
一品料理も気になるしこれから寒くなってくると
こちらで鍋を食べながら酒飲むってのもいいかもな。

ご馳走様でした!

TEL:06-6786-3399
住所:大阪府大阪市城東区蒲生4-16-10
営業時間:11:00~翌3:00

私以外にも食べ歩きされてる方はたくさんいてますな。
よかったら覗いてみませんか???

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村


二代目ラーメン きはるラーメン / 蒲生四丁目駅鴫野駅野江駅
夜総合点★★★☆☆ 3.6

|

« 東淀川区豊新2 「麺亭 なんぷぅ」 | トップページ | 北区天神橋5 「馬骨塩ラーメン 湯梅軒」 »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169121/47702330

この記事へのトラックバック一覧です: 城東区蒲生4 「二代目ラーメン きはる」:

« 東淀川区豊新2 「麺亭 なんぷぅ」 | トップページ | 北区天神橋5 「馬骨塩ラーメン 湯梅軒」 »