« 東大阪市小阪本町1 「末廣」 | トップページ | 住之江区新北島3 「日本一」 »

東大阪市小阪本町2 「桜井」

この日は東大阪にある司馬遼太郎さんがよく訪問したという
うどん屋に行ってみたくて会社帰りに立ち寄ることにしてん。

お店の名前は「桜井」
Img_1734
場所は近鉄小阪か俊徳道が近いかな。
入り口に暖簾があるんやけど
この文字が司馬遼太郎さんが書かれた文字という事やねんな。
こんな身近に文豪の文字が見れるとは思ってなくて
感動しながら店内に入ったで。

店内は奥に長くなってて入り口にはテーブルと座敷。
Img_1737
奥にカウンターが広がってます。
年配のご夫婦が営業をされてるようやったな。

私はカウンターに座ってメニューを見ます。
Img_1735 Img_1736
うどん、そば、定食、丼といろいろそろってますな。
鴨丼ってのもあってこれにもめっちゃ惹かれます。
ただ今回はうどんの口になってたので「きつねうどん」を注文。
美味しかったら次回は鴨丼食べにこよっと!

本を読みながら待ってると料理が提供されました。
Img_1739
おー、きめのこまやかそうなアゲさんが2枚入ってる。
昆布だしのええ匂いがふわっと漂ってきますな~。
刻んだネギとかまぼこも良い感じですわ。

さっそくいただきます。

まずはうどんをずずずっとすすってみる。
Img_1741
こちらのうどんは細うどんですな。
正直はコシはなくって関西のうどんやけど
喉越しのもっちり感は良い感じです。
やや伸びのある感じが好印象やね。

綺麗な色をした茶褐色の出汁は
昆布、カツオでとった出汁やと思うねんけど
濃さといい甘みといい私にドストライク!
この出汁はめちゃくちゃ好みでレンゲが止まらんくらいやわ。
めっちゃ美味いやないっすか。

アゲさんも2枚入ってるのが嬉しいですな。
Img_1740
それほど力を入れなくても裂けるような柔らかいタイプ。
口に含むと熱々の出汁としみ込んだ甘みが
じゅわーっと口の中に広がってこれまた旨いっす。

汁まで残さずに完食です。

いやー、寒い日にはこれはほんまぴったりですな~。
出汁がめちゃくちゃ好みやったので
これはちょくちょく食べたいなと思わせるきつねうどんやったで。
ただ今回は大盛りにしてなかったので
ボリュームはちょっと少なかったかな。

食べ終わってからお店の方とちょっと話ができてんけど
親父さんは30年ほど前に香川県で修業をされたそう。
その下地があって関西に合うようにうどん、出汁を作られてるんやって。
うどんを食べると讃岐うどんは全く想像できへんかってんけど
30年のうちに関西風に合わせていきはったんかな~。
家からもそれほど離れてないし、
これからちょくちょくよらせていただきます!

満腹、満足、ご馳走様でした。

TEL:06-6722-4188
住所:大阪府東大阪市小阪本町2-13-15
営業時間:11:30~15:00、17:30~21:30

よかったら覗いてみませんか???

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村

桜井うどん / JR俊徳道駅河内小阪駅長瀬駅
夜総合点★★★☆☆ 3.7

|

« 東大阪市小阪本町1 「末廣」 | トップページ | 住之江区新北島3 「日本一」 »

うどん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169121/48530776

この記事へのトラックバック一覧です: 東大阪市小阪本町2 「桜井」:

« 東大阪市小阪本町1 「末廣」 | トップページ | 住之江区新北島3 「日本一」 »