« らの道弐 橿原市十市町1213  「麺処 と市」 | トップページ | らの道弐下京区西松屋町563 「吟醸らーめん 久保田 本店」 »

らの道弐 左京区一乗寺西閉川原町29 「麺屋 極鶏」

今年に入ってからスタンプラリーが二つ開催されてます。
一つが昨年も行われた「らの道弐
もう一つが大阪の環状線を中心とした「大阪好っきゃ麺」。
どちらも有名なラーメン店、うどん店が参加されてるねんな~。

イベント事は大好きやし参加させてもらってるんやけど
今日からしばらくこちらのネタをアップしていきたいと思います~。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この日は食べ歩き友達のやまちゃんと
京都方面にらの道巡りをすることにしてん。
といってもやまちゃんは達成済みなのでお付き合いいただきました!
まず最初に向かったのがこちらのお店。

「麺屋 極鶏」
Img_3072
最近TVで取り上げられることも多々あり
すごく行列ができる店として有名なお店。
私も過去に二度ほど訪問したことがあるんやけど
久々の訪問になりました。

この日訪問したのは18時くらい。
お店の前につくとすでに14,5名くらいが行列してます。
Img_3071
18時オープンのつもりで訪問したら
ちょっと早い目に開けてたみたいで店内にも待ちがでてたな。

並んでる間に注文を聞きいてくれるのでメニューを見ます。
Img_3069 Img_3070
今回は「赤だく+煮玉子」をいただいてみることにしました。
辛いの苦手やけど濃厚な鶏白湯スープには合うかなって思ってんな。

40分ほど待って店内に案内されました。
店内などは過去の記事も参照お願いします。

さて、料理が提供されました。
Img_3073

おー、えげつないくらい真っ赤なビジュアルですな~。
Img_3074
めちゃくちゃ辛そうで食べることができるかちょっと不安になります。

全体を混ぜつついただいていきます。
まずは麺をずずずっとすすってみる。
Img_3077
こちらは「麺屋棣鄂」の中太麺。
適度なプリッと感はあるんやけどスープの
インパクトが強すぎて麺の印象が・・・
粘度のめちゃくちゃ高いスープが麺の周りにまとわりつきすぎやで。
細麺やったらぶちぶちとちぎれてしまいそうな粘度やね~。

スープについては唐辛子が
濃厚な鶏の濃さを適度に中和してくれる。
濃すぎてしんどくなりそうなのを辛さが
和らげてくれて美味しくいただくことができますな~。
思ったよりも辛くはないけど食べてるとじんわりと汗が出てきます。

具材についてはチャーシューはホロホロ崩れる位に柔らかいですな~。
Img_3076
麺と同じくスープにコーディングされるけど
しっかりと味もすると美味しいと思います。
材木メンマは包丁で仕事がされてて柔らかくってええ感じやね。
Img_3075

あっという間に完食です。

濃厚すぎるスープは全汁することができませんでした。
これを全部飲んじゃうとしんどくなりそうやな~。
いやー、ここまで粘度の高いしっかりとした鶏の旨みを
感じさせるラーメンは他ではないと思うな。
お客さんは若い方が多かってんけどどちらかというと
若者向けの濃厚なラーメンやと思いました。

最後にはこちらのらの道弐用のプレゼント
「鶏だく飴」をいただくことができました!
Img_3083

ご馳走様でした!

TEL:075-711-3133
住所:京都府京都市左京区一乗寺西閉川原町29-7
営業時間:11:30~14:30、18:00~スープ売り切れ

よかったら覗いてみませんか???

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村

|

« らの道弐 橿原市十市町1213  「麺処 と市」 | トップページ | らの道弐下京区西松屋町563 「吟醸らーめん 久保田 本店」 »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169121/49318476

この記事へのトラックバック一覧です: らの道弐 左京区一乗寺西閉川原町29 「麺屋 極鶏」:

« らの道弐 橿原市十市町1213  「麺処 と市」 | トップページ | らの道弐下京区西松屋町563 「吟醸らーめん 久保田 本店」 »