« 大東市赤井3 「大阪さぬきうどん 瀬戸内製麺710」 十一回目 | トップページ | 北栄町由良宿806 「天ころ屋」 »

北栄町由良宿801 「香味徳 由良店」

この日はGWという事もあって
長女の好きな名探偵コナンの作者である
青山剛昌さんの記念館に行くことにしてん。
場所は鳥取県東伯郡ってところにあって
車で3時間ちょっとくらいやったかな。

ちょうどイベントの真っ最中で
ゆるきゃらが来てたりしてなかなか楽しかってんけど、
昼飯もこの近所で食べることにしてんな。

で、見つけたお店がこちら。

「香味徳 由良店」
Img_5545
鳥取は牛骨ラーメンってのが有名みたいで
こちらのお店はそれで有名なお店との事。
折角やから地元の有名な料理食べてみたいよな~。

場所は由良駅から歩いて1,2分のところにあります。
店の前が駐車場になってるので車でも訪問しやすいです。

外観は昔ながらの大衆食堂みたいやね。
訪問したのがちょうど12時くらいって
こともあって行列ができてました。

しばらく待って店内に入ります。
Img_5550
店内はテーブル席が2席、
L字のカウンターが12席程度やったかな。

私たちはカウンターに座らせてもらいました。

メニューは入り口のところに貼ってあったので
事前に見ておいて決めてんけど
麺量が1玉から4玉まで選ぶことができる。
Img_5546 Img_5547

4玉ってのはめっちゃ多そうですな~。

今回は朝飯食べてなくって腹減ってたこともあって
「チャーシューメントリプル」をいただくことに。

しばらく待ってると料理が提供されました。
Img_5552
おー、この写真からはわかりづらいかもしれないけど
さすが3玉でめっちゃボリュームがありますわ~。
Img_5553
具材はチャーシューも10枚ほど、
もやし、ネギ、メンマ、輪切りのゆで卵。
スープの色合いはかなりあっさりそうに見えますな。

さっそくいただいていきます。
まずは麺をずずずっとすすってみます。
Img_5556
こちらの麺は縮れの中太麺かな~。
けっこう柔らかい目の茹で加減で
表現は悪いかもしれないけどインスタントチックな印象。
子供の頃に食べてた麺という懐かしい感じがします。
決して嫌いじゃないっす!

スープは牛骨という事でどんなものか興味津々やってんけど
かなりあっさり目の味わいですな~。
テールスープは白濁してるイメージなんやけど
あれを清湯にして薄いって感じやろうか?
嫁さんは普通のラーメン、私はチャーシューメンやってんけど
私のほうより嫁さんのほうが油分が多い感じやった。
チャーシューの違いでスープのビジュアルが変わってたんかな。
またテーブルにはラーメン用の醤油ダレが置いてあるので
薄いなと思ったらこれを追加するといい。
Img_5551
私はちょっと追加したらちょうどよくなりました。

具材に関してはチャーシューはちょっと脂身が大目やな~。
Img_5554
蒸し豚って感じそれ自体にあまり味がついてなくって
スープを絡ませて食べたで。
その他の具材に関してはそれほど特色はなかったかな~。

あっという間に完食です。

麺のボリュームに圧倒されながら
なんとか完食することができました。
初めて食べる鳥取の牛骨ラーメン、思ったよりもあっさりで
年配の方にも受け入れられやすそうな味やと思ったな。

ちょっと一点気になったのは客が悪いのかもしれないけど
順番並んでるのに常連らしき人がしれっと中に入って
勝手に座ったりしてるねんな。
どう見ても待ちが出てるんやから
これは注意するべきちゃうかなって思ったで。

ご馳走様でした!

TEL:0858-37-4933
住所:鳥取県東伯郡北栄町由良宿801
営業時間:[火~日]11:00~14:00(L.O)、17:00~20:00(L.O)

よかったら覗いてみませんか???

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村

香味徳 由良店ラーメン / 由良駅
昼総合点★★★☆☆ 3.2

|

« 大東市赤井3 「大阪さぬきうどん 瀬戸内製麺710」 十一回目 | トップページ | 北栄町由良宿806 「天ころ屋」 »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169121/51778419

この記事へのトラックバック一覧です: 北栄町由良宿801 「香味徳 由良店」:

« 大東市赤井3 「大阪さぬきうどん 瀬戸内製麺710」 十一回目 | トップページ | 北栄町由良宿806 「天ころ屋」 »