« 西区京町堀3 「うどん家あぶく」 | トップページ | 高松市国分寺町新居8 「手打ちうどん まるや」 »

関西名店うどんラリー⑪ 「うどん工房 悠々」

この日は食べ歩き友達であり伝説の食べログレビュアーのk-5さんと
一緒に関西うどん名店ラリー参加店に行くことにしてん。
名前はよく聞いててんけどまだ未訪問やったお店。
楽しみに訪問してきたで。

お店の名前は「うどん工房 悠々」
Img_5692
中津にある有名うどん店「情熱うどん讃州」の系列になるお店やね。
場所は先日訪問した「タント」ってパスタ屋のすぐ近く。

塚口駅そばのさんさんタウンという
ショッピングモールの1階にこちらはあるで。

店内はカウンターとテーブル席で15,6席くらいかな。
Img_5695
女性ばかり3名で営業をされてました。

カウンターに座ってメニューをみます。
Img_5693 Img_5698
冷たいのから暖かいのまでいろいろありますな~。
サラダのかき揚げぶっかけなんていう
他ではあまり見ないメニューもあって何を食べるか迷うで。
Img_5694_2
後は厨房側壁にも本日のおすすめなどがはられてます。

その中で一つ「肉きんぴら釜玉」ってのがあって
これがめっちゃ気になったのでいただいてみることにしました。

お水を持ってきてくれた時に
こちらも一緒に出してくれはった。
「パイナップル酢?」
Img_5696
さらっと飲めるジュースで美味しくいただけました!

テーブルには今回のラリーのPOPがあって
こちらのお店は特典があるという事が書かれてます。
Img_5697
こういうサービスは嬉しいですな~!

さて、料理が提供されました。
Img_5699
おー、なかなかええ感じのビジュアルですな~。
うどんの上にきんぴら、白髪ねぎがタワー状態で盛り付けられてます。
Img_5700
小皿でおにぎりが添えられてて
うどんを食べた後に残った出汁に投入して
雑炊状態で食べることができるんやって。
Img_5702
こういう一度で二度おいしいってのはお得感がありますな。

さっそくいただいていきます。

まずは出汁をかけてうどんをずずずっとすすってみる。
Img_5705
こちらのうどんは剛麺ではなくグミグミとした
もっちりタイプのうどんですな。
このモチモチ感が良い感じで出汁ともよくあってると思うで。
うん、美味しいっす!

こちらの釜玉は醤油ではなくって出汁をかけて食べるんやね。
Img_5701
薄くないかなってちょっと思ったんやけど
きんぴらの味もしっかりとしてるし
これはこれでよくあってると思うわ。
Img_5704
最後にご飯を入れることを考えると醤油よりも出汁のほうがいいのかも。
途中でサクサクの天かすを入れたらこれも食感よくなっていいな。
Img_5706
具材のきんぴらは先ほども書いたけど
味付けがしっかりとしててこれとご飯で食べたい感じ。
うどんにもよくあってるしもっと入れてもらいたいと思ったな。

うどんを食べた後に丼にご飯を投入。
Img_5707
ちょっと出汁も残してたので上からかけて
全体をしっかりと混ぜていただきました。

あっという間に完食です。

今回ご飯もあったんでよかったけど
うどんのボリューム的にはもうちょっと多くてもよかったかな。
大盛りができるか聞いてないんやけど
ペロッと完食ってイメージやったな。
味付けはよかったしがっつり食べたいなって思わせるうどんやったので
次訪問した際は是非とも大盛りで腹いっぱいになりたいなと思ったで。

満腹、満足、ご馳走様でした。

TEL:06-6427-8110
住所:兵庫県尼崎市南塚口町2-1-2 塚口さんさんタウン2番館1F
営業時間:[火~土]11:00~15:00(L.O)、17:00~21:00(L.O)
     [日]11:00~20:00(L.O)

よかったら覗いてみませんか???

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村

うどん工房悠々うどん / 塚口駅(阪急)塚口駅(JR)
昼総合点★★★☆☆ 3.6

|

« 西区京町堀3 「うどん家あぶく」 | トップページ | 高松市国分寺町新居8 「手打ちうどん まるや」 »

うどん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169121/51880433

この記事へのトラックバック一覧です: 関西名店うどんラリー⑪ 「うどん工房 悠々」:

« 西区京町堀3 「うどん家あぶく」 | トップページ | 高松市国分寺町新居8 「手打ちうどん まるや」 »